このドキュメントは、Yellowfinの旧バージョンについて記載しています。

Icon

利用可能なバージョン のドキュメントを参照してください。

メタデータの末尾にスキップ
メタデータの先頭に移動

概要

ドラッグ&ドロップレポートビルダー」により、シンプルな分析レポートと洗練された分析レポートの両方を作成することができます。ビルダーで利用可能なステップは、以下の項目を含み、作成の過程でユーザーが選択したオプションにより異なります。

    • 使用するビルダーのタイプ
    • レポート作成時のベースになるデータソース
    • レポートで使用するフィールドと、それにより定義されたレイアウト
    • レポートに追加したフィルター、またはセクション(もしくはその両方)
    • 関連レポート、ドリル機能、サブクエリーの追加

 

レポートビルダーのステップ

レポートビルダーには、以下のステップがあります。


  1. 作成
  2. データ
  3. グラフ
  4. 関連レポート
  5. 表示

作成

どのようなレポートを作成するにしても、最初のステップでは、作成するレポートの種類とデータソースを指定します。複数のビューやデータソースが表示されることもあるので、レポート作成に適切なものを選択します。

より詳細な情報は、新規レポート作成を参照してください。

 

データ

レポート作成のデータステップでは、フィールドの表示方法、フィルターの使用方法、グラフやドリルスルーの表示有無を含めて、レポートのルック&フィールを定義します。ビューからレポートに含めるアイテムを選択し、それらを画面上の適切な箇所へドラッグします。

注意:選択するレポートビルダーに応じて、このオプションはCSV、SQL、Jasper、BIRTのような代替オプションに置き換わることもあります。

より詳細な情報は、レポートデータを参照してください。

 

グラフ

グラフページでは、データステップで作成したテーブルに基づき、ビジュアライゼーションを作成することができます。

より詳細な情報は、グラフを参照してください。

 

関連レポート

ドリルスルーやマルチ表示レポートを使用して、ドラフト(編集中)レポートと他のコンテンツを関連付けます。

より詳細な情報は、関連レポートを参照してください。

 

表示

表示ページでは、レポートに書式を適用したり、マルチグラフキャンバスを設定したり、他の機能を使用したりすることができます。

より詳細な情報は、表示を参照してください。