このドキュメントは、Yellowfinの旧バージョンについて記載しています。

Icon

利用可能なバージョン のドキュメントを参照してください。

メタデータの末尾にスキップ
メタデータの先頭に移動

概要

ジオパックは、ソースデータベースに組み込んだり、保存したりすることなくデータ処理ができるようにデザインされています。ジオパックは、以下の3タイプのデータを提供します。

  1. 地理ラベル
  2. 地理フィールド ( ポイント、またはポリゴン)
  3. デモグラフィックメトリック(数値)

ジオパックは、ひとつ以上の地理データの階層を持つ構造です。複数の階層がある場合、データは論理的階層構造をとります。各階層は、異なる書式の「地理ラベル」と、ポイント(または、ポリゴン)を含む「地理フィールド」を含みます。パックには、「デモグラフィックメトリック(数値)」も含まれ、階層の最下位に関連付けられ、その時点で使用している階層に応じて、自動的に集約されます。

より詳細な情報は、ジオパックの設定を参照してください。

 

地理ラベル

パック内の様々な階層のデータを識別したり、独自のデータとパックをリンクしたりするため、地理ラベルが含まれており、複数の書式で表示されます。

シンプルなバージョンであるオーストラリア郵便番号ジオパックを例にとると、以下の3階層が含まれています。

  1.  LGA(地方自治体区)
  2. 郵便番号

ジオグラフィーの識別方法は、階層によって異なります。例えば、州の階層は正式名称で識別されたり、3文字のコードを使用したりします。今回は、州フィールドに複数の「地理ラベル」が存在します。州ラベルと州コードです。このジオパックで考えられるラベルフィールドの例は、以下の通りです。

州ラベル

州コード

LGAコード

LGAラベル

郵便番号

ビクトリア

VIC

LGA23430

キングストン

3195

ビクトリア

VIC

LGA23430

キングストン

3196

ビクトリア

VIC

LGA25900

ポートフィリップ

3205

これらのラベルは、パックデータとソースデータをリンクするために使用されます。そのため、ソースデータベースの書式に一致するラベルを選択しなくてはいけません。例えば、州フィールドをリンクしたい場合、データが「VIC」と保存されているならば、「州コード」フィールドとリンクを作成します。データが、「ビクトリア」と保存されているならば、「州ラベル」フィールドとリンクを作成します。

より詳細な情報は、ジオパックの使用を参照してください。

 

地理フィールド

地理ラベル」フィールドを使用してパックをリンクすると、レポート作成に「地理フィールド」を利用することができます。パックの各階層には、「地理フィールド」がひとつ含まれています。このフィールドには中心点が含まれ、パックのデザインによっては、ポリゴンが含まれていることもあります。ユーザーは、「地理フィールド」は選択し、マップに追加することができます。また、マップタイプに応じて、Yellowfinはポイントかポリゴン(利用可能な場合)のいずれかを選択します。

より詳細な情報は、ジオパックの使用を参照してください。

 

デモグラフィックメトリック(数値)

最後に、パックには「デモグラフィックメトリック(数値)」も含まれています。これらのフィールドは、地理エリア内で利用可能な国勢調査情報に関連する、様々な値を表示します。

上記と同様のオーストラリア郵便番号ジオパックを例にとると、様々な国勢調査情報のフィールドが含まれています。大部分のパックには多くのデモグラフィックフィールドが含まれていますが、こちらの例では2つ含まれています。

総人口と平均年齢です。

郵便番号

総人口

平均年齢

3195

34102

39

3196

23590

39

3205

9317

37

デモグラフィックメトリック(数値)」は、マッピングに更なるコンテキストを提供するようデザインされており、より深い分析作業のために、独自のデータと国勢調査情報を比較することができます。

 



  • ラベルなし